Scratchとは
マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボのライフロング・キンダーガーテンというグループが作った、誰でも簡単、そして直感的にプログラミングができる教育用ツールです。
小学生でも簡単にプログラミングができるようになっており、ネット上で開発が可能なため特別な実行環境も必要としません。
自分が作った作品は世界中に公開することができ、また自分も世界中の子が作った作品で遊ぶことができます。

Scratchは MITメディア・ラボのライフロング・キンダーガーテン・グループによって開発されました。詳しくは http://scratch.mit.edu をご参照ください。

<< 使い方 >>

1.デスクトップ画面にある「 Google Chrome 」を開きます。
デスクトップアイコンからでも、下のタスクバーからでも、どちらからでも大丈夫です。
Internet Explorerは対応していません。お使いのPCInternet Explorerしか入っていない場合、先にGoogle ChromeFire Foxなどのブラウザをインストールします。

2.「 Scratch 」と検索します。
カタカナやひらがなで検索してしまうと、宝くじのほうのスクラッチが出てきてしまうので、英語で入力します。

3.検索結果上部にある「 Scratch –Imagine,Program,Share 」と書いてあるところをクリックします。

4.Scratchのトップ画面です。画面上部の「 作る 」をクリックします。

5.チュートリアルのウィンドウが開きますので、右上の「 閉じる 」でチュートリアルウィンドウを閉じます。

6.ここまでくればすぐにプログラミングを始めていただけます。お子様にはどんどんやらせてあげてください。