Infomatics

「情報 I 」こそ、
早期のテスト対策を。

高校情報 I 対策コース 新規開講

「情報 I 」を得意科目にして
 圧倒的合格 をつかもう!

2025年1月の大学入学共通テストから従来の5教科7科目に「情報 I 」が加わり、6教科8科目となります。さらに数学C、歴史総合、国語など主要科目でも、試験時間増など学習負担が大幅に増加します。

「情報 I 」はプログラミングだけでなく、データの活用やネットワーク、論理回路、情報デザインなど学習量も多いため、3からの対策では入試本番に間に合いません!高1,2の早いうちから始めるのが絶好のチャンスです!

 

無料体験はこちらから↓↓

高1,2の早いうちから「情報 I 」対策を始めよう!

なぜなら、学校でも入試でも「情報 I 」は重要科目。しっかり対策することが必要です。

なお、授業ではライフイズテック社の情報AIドリルを使用いたします。高校情報1を取り巻く環境について以下の動画でわかりやすく解説されていますので、ぜひご覧ください。

【 定期テスト対策 】
学校推薦型選抜や就職時において重視される評定(内申点)は、定期テストの得点比重が高い!


「情報 I 」の評定へのインパクトは、
主要教科・科目と同じ!高1,2の今、定期テスト対策をしっかりと行いましょう!中には中学生から先取り学習ではじめている人もいます!

【 共通テスト対策 】
大学入学共通テストで「情報 I 」は原則必須

共通テスト対策のポイント

前述した通り、「情報 I 」の学習範囲はプログラミングに加えて、データの活用や情報デザインなど幅広い対策が必要です。高3から「情報 I 」対策を始めるのでは入試本番に間に合いません!高1,2の今から対策を始めましょう!

基礎〜入試レベルまでこれ1つで対策OK!「 情報AIドリル 」の特徴

AIドリルがあなたの専属の先生!自分専用カリキュラムで「情報 I 」を楽しく学べる!

【 ポイント① 】
自分専用の学習プランだから最短距離で学べる!

AIがあなたの学習結果を分析して、弱点克服に最適な学習プランを提示!さらに厳選問題を反復学習することで、目標点数まで最短距離の学習が可能です。

【 ポイント② 】
プログラミング実行環境で楽しく学べる!

プログラムを自分の手で動かしながら学ぶことで、暗記ではなく本質的な理解を促進ワクワク楽しく学びながら問題対応力もアップ。

【 ポイント③ 】
疑問点はリアルタイムで質問できる!

分からない問題は「情報 I 」担当講師にすぐに質問できるから安心
※平日18:00〜21:30に人間の先生がリアルタイムで回答 (それ以外の時間は翌平日中)。

こんな力が身につきます!

  • 「情報 I 」全単元を網羅! 高校で学習する全ての内容が身につきます!
  • プログラミングの知識を理解するだけでなく、プログラミング実行環境でのトレーニングによって「知識を応用する力」が身につきます!
  • 共通テストオリジナル予想問題演習で、入試レベルの実戦力が身につきます!

学習の進め方

基礎定着から共通テスト対策まで「情報AIドリル」で学習できる!

【 ステップ① 】
アウトプットで苦手分野を特定(問題を解く)

まずは問題演習から学習開始!アウトプットからスタートすることで、AIドリルが演習結果をもとに自分の弱点を分析してくれる。苦手分野をとことん反復学習するから、最短距離で克服できる!

【 ステップ② 】
インプットで知識の定着(解説スライドで学ぶ)

問題演習が終わったら、解説スライドで復習と知識のインプット。カラーの図表入りで分かりやすい解説スライドだから、ビジュアル的に理解を深められる!

【 ステップ③ 】
わからない問題はその場で質問する

質問はオンラインでリアルタイムに対応(平日18:00〜21:30はリアルタイム、左記以外は翌平日中に回答)。分からない問題はすぐに質問できるから安心!

【 ステップ④ 】
確認テストと章末問題で復習もバッチリ!

学習項目ごとに「確認テスト」、章ごとに「章末問題」を実施!演習結果をもとに自分自身の苦手分野の類題が出題されるから、反復学習でしっかり弱点を克服できる!

【 ステップ⑤ 】
オリジナル予想問題で共通テスト対策の総仕上げ

共通テストのオリジナル予想問題に取り組めるから、過去問が存在しない「情報 I 」入試対策の不安もこれで解消!

こんな方におすすめ!

  • 学校の「情報 I 」の定期テスト対策をしたい方
  • 大学入学共通テスト「情報 I 」の早期対策をしたい方
  • 「情報 I 」を自力で学習することに不安がある方
  • 「情報 I 」を最短距離で学びたい方
  • プログラミング実行環境で「情報 I 」やプログラミングを楽しく学びたい方

コースの内容

推奨学年

中学3年生・高校1年生・高校2年生
※高校3年生ももちろんOKです

コース

高校情報Ⅰ対策コース
● スタンダード(自宅受講)
ご自宅のPCで受講をしていただきます。習い事の合間やスキマ時間で自主的に勉強ができるお子様におすすめです。PC・スマホ・タブレットなどがあれば24時間どこでも勉強ができますので、図書館などで集中して勉強できるところで他の勉強と合わせて進めていただけます。

● サポートプラス(自宅+教室受講)
自宅だと集中できない、家だとサボってしまう、誰かに監視されていたほうがいい、通学するという習慣づけをしたいなどの場合に、教室のPCを使用して恵み野校内で受講(自習)するコースとなります(続きはご自宅でも受講可能)。進捗の見回りのほか、わからないときの講師への質問チャット文作成のサポートも行います。※月4回 水曜日 19時30分〜20時30分 定員15名

受講料

● 単体受講月謝
 スタンダード  6,380円(税込)
 サポートプラス 9,680円(税込)
※初月入会金5,500円が別途必要となります。

● 追加受講月謝
 スタンダード  5,280円(税込)
 サポートプラス 8,580円(税込)

※以下の既存コースいずれか受講中の場合
※入会金不要
※対象既存コース
・プログラミングコース
・動画クリエイターコース
・アンリアルエンジンコース
・プレミアムコース
・パソコン教室コース

学習内容

「情報 I 」全単元 + 大学入学共通テストオリジナル予想問題

【学習単元】
・プログラミング
・データの活用
・情報社会の問題解決
・コミュニケーションと情報デザイン
・コンピュータ
・情報通信ネットワーク

以下主要教科書をカバーしています。

【対応教科書】
実教出版 最新情報 I
実教出版 高校情報 I Python
東京書籍 新編情報 I
東京書籍 情報 I Step Forward!
数研出版 高等学校情報 I
数研出版 情報 I Next
日本文教出版 情報 I
※高校の教科書シェア73%をカバーしています。ご進学・ご在籍の学校で上記の教科書を使用していなくても、出題範囲は基本的に変わりませんので同じように網羅的に学んでいただけます。

なぜ今、「情報1」が必要なのか

Society5.0(超スマート社会)がやってくる
みなさんがこれから生きる社会は「Society5.0(超スマート社会)」、つまりAIやビッグデータ、IoT 等の高度化した最先端技術が社会に浸透し、社会の在り方そのものが大きく変わった新しい世界がやってきます。この新しい世界では、ただ情報を集めた知識だけ持っていても、その情報に振り回されるだけで、生き抜くことができません。膨大なデータを有効活用し、数理的に扱い、その他の知識と結びつけて新たな知識や価値を生み出していく能力・スキルが必要になります。

データを扱う能力・スキルはみんなに必要
この新しい社会で活躍して生きていくためには、文系・理系などの分野を問わず、すべての人が、このデータを扱う能力・スキルを身につける必要があります。そのために今、みなさんは高校で「情報 I 」を学んでいます。

高校で身につけた能力・スキルを大学や社会で磨き、新しい社会で活躍するために
高校で学んだ内容が身についているかどうかを評価するために、大学入学共通テストで「情報 I 」が課されることになりました。みなさんの今後のために必要な能力であると、国も大学も考えているからです。高校で身につけた能力・スキルをさらに大学や社会で磨き、これからの新しい世界で活躍するために、まずは「情報 I 」の学習内容をしっかりと習得しましょう。

無料体験はこちらから↓↓