動画クリエイターコース

動画クリエイターコース

「動画を作れるようになる習い事」

なんて、
聞いたことない!

「 動画作り 」


という習い事、
はじめませんか?

— Do! Kids Lab プレゼンツ —

小学4年生からパパママまで、誰でもいつでも入会OK!
初心者向け動画教室オープン!


基本のキから、動画の作り方を
学ぶことができます。

 
動画を勉強するって…どういうこと?


このページでは、
・そもそも動画を習うってどういうこと?
・習ってどんないいことがあるの?
・うちの子にもできるのかな?
・私も習いたいんだけど…

といったご不安まで、思いつく限り丁寧にお答えしています。


ちょっと長いですが、以下の問いにひとつでも当てはまる方は、ぜひ読み進めてみてください。
 
左まどかコーチ 右わっしーコーチ

こんにちは!
Do! Kids Labのわっしーコーチです。

突然ですが、あなたはYouTubeをよく見ますか?

今、YouTubeを見ないという方はとても少ないのではないでしょうか。

おもしろいYouTuberの動画を見たり、動画で勉強したり、情報を仕入れたり。

テレビの中だけだった芸能人もどんどんとYouTubeに進出し、いまや現代人と切っても切れない、それほど当たり前のものになっています。

これからもどんどん動画の重要性が高まっていくことは誰もがわかっていることですが、実は動画を見るだけではなく、「動画を作ってみたい、出演してみたい」という思いを持った方が急増しているのをご存知でしょうか。

もし、これからお伝えする「動画好きポイント」が一つでもあてはまれば、この「動画クリエイターコース」はあなたのお役に立つことができます。

動画好きチェックfor Kids!

あなたのお子様がいくつあてはまるか、確認してみてください。

・帰ってきてからゲーム実況ばっかり見ている

・大好きなYouTuberがいる

・将来の夢はYouTuber!

・スマホとかカメラとかガジェットとか、そういう系好き!

・演出がすごい動画とか、何回も見てる!

・動画だけではなく、写真を撮るのも好き

・ゲームやりながらずっとしゃべってる

・動画や写真に映るのに抵抗があんまりない

・おもしろい写真や動画を撮るのが好き

・絵を描くのが好き

・音楽が好き

・自然が好き

・昆虫が好き

・図工が好き

・テレビが好き

・黒板を見るよりも、動画で勉強した方が合っていそう

・カメラマンに憧れている

・モデルさんになりたい

・あまり目立つことは苦手

動画好きチェックfor 大人

自分がいくつあてはまるか、確認してみてください。

・いいアイデアはあるんだけど、で終わっている

・実は動画をつくってみたかった

・身近に動画の先生なんていない!

・動画制作仲間が欲しい!

・ちょっと作ってみたんだけど、もっといい感じに作れるようになりたい

・趣味の動画を作れるようになりたい!

・本を読んでも「つまりよくわからない」

・YouTubeを見ても「つまりよくわからない」

・結局だれかできる人に直接教えてもらいたい

・本当にド素人すぎてなにから勉強していいかわからないけど、「できたらいいよね」とは思っている

・ペットの様子を記録してみたい!

・テロップ入れたり音楽入れたりしてみたい!

・基本のキから勉強したい!

・社内サービスや、自社でいろいろ撮影できるようになりたい!

・会社紹介やお店紹介動画を作りたい!

・子どもの思い出やイベントなどかっこよく、かわいくまとめたい!

・YouTubeに投稿してみたい!

・Vlogを撮ってみたい!

・YouTuberになりたい!

・単純におもしろそう!

・自分で広告に使えるような動画作れるようになりたい!

・誰にも見せないけど、いろいろ撮ってみたい!

・ダイエット記録とか、作れたら面白そう(怖くて誰にも見せられない)

・自分が映るのはいやだけど、撮影の裏方とかは楽しそう!

・スポーツでGo Proなんてつけていろいろやってみたい!

・就活で使える武器が欲しい!

もしひとつでも当てはまれば、Do! Kids Labはあなたのお悩みを解決するお手伝いができます。

どんなことが出来るようになるの?

動画作りは、一度覚えると一生使えるスキルになります。いまあなたが持っているお悩みを解決できるのはもちろんですが、他にもこんな嬉しいことが” おまけ “でついてくるんです。

だからこそ、1人でも多くの方にこの動画クリエイターコースのことを知っていただきたいんです。

・作りたい動画を自由に作れるようになる
・思い出を素敵に残せる
・想像を形にできる
・動画仲間ができて、もうひとつの居場所になる
・集中力がつく
・企画構成力がつく
・センスが磨かれる
・日常を切り取ることができる
・なにげない日常に価値を見出せる
・常にワクワクできる
・プレゼン力がつく
・順序立てて考えられるようになる
・会社案内やCMが作れるようになる
・社会に出てからも重宝されるスキルを身につけることが出来る
・就活で強力な武器になる
・自分の強みになる

・なによりも自信につながる
・周りから認められる
・身の回りのものにものすごい可能性を感じるようになる

Q.なぜ、動画クリエイターコースを開講するのか

プログラミングスクールDo! Kids Labは2019年、「自信という側面から子どもたちとその家族を幸せにする」を理念に開業しました。

各方面皆様のご支援、ご協力、また社会的な背景から、現在プログラミングスクールDo! Kids Lab恵庭本校は、入会待ちですぐにはご入会いただけないほど大人気スクールとなりました。

プログラミングは、自分の頭の中にあるイメージやオリジナルのゲームを作ることができます。

はじめは「こんなゲーム作って、誰かに笑われないかな・・」そんな不安を持っていた子どもたちも、プレゼンテーションを通じて「自分の作ったゲームをすごい!ってみんなが褒めてくれる」、「自分の世界観を認めてくれる」、そうやってどんどん自信に満ち溢れていっています。

当然思考力も伸びていきますから、学校の成績があがったという嬉しい声もたくさんいただいています。

しかし、中には「プログラミングも面白そうだけど、動画を作ったり、撮影の裏側を知ったり、自分で撮ってみたい!」という子どもたちも一定数いらっしゃることがわかりました。

そこでDo! Kids Labにすでにご入会いただいている子どもたちに「将来なりたいもの」というアンケートを取ってみた結果、

1位「ゲームクリエイター」
2位「YouTuber」

という結果でした。この結果からも、子どもたちの中で「動画とプログラミング」がいかに魅力的で興味があり、将来の夢と深く根付いているか、それを裏付ける結果となりました。

もちろんDo! Kids Labにはゲームが好きな子が多く集まっていますから、この結果はある種当然と思われるかもしれません。

しかし、第一生命保険が行った全国の小学生・中学生・高校生の最新の「将来なりたい職業」の調査結果が、以下の通りだったのです。

小学生の「大人になったらなりたいもの」

引用:第一生命保険株式会社サイトより

中学生の「大人になったらなりたいもの」

引用:第一生命保険株式会社サイトより

高校生の「大人になったらなりたいもの」

引用:第一生命保険株式会社サイトより

学年、男子、女子で将来の夢は若干変わりますが、特に男子の「プログラミング(ゲーム)・動画」関連の人気の高さは、飛び抜けています。

子どもたちがここまでプログラミング(ITエンジニアやゲーム作り)や動画作成(YouTuberや動画投稿者)に夢を持ってくれている事、どちらもやっている私は純粋にとても嬉しく思います。

また女子はゲームや動画といった回答は目立ってはいませんが、どの職業もプログラミングで身に付く「論理的思考能力(物事を順序立てて考える力)」や、「プレゼン力」、そして「自分への自信」はとても重要になってきます。また、どの業界、職種でも「動画が作れる」という人材はとても重宝されます。

「自信」という側面から、子どもたちが将来、自分の夢を叶えるお手伝いをしてあげたい。

それも、自分たちが1番興味があって夢に見ている、「プログラミング(ゲーム)・動画制作」のどちらも、子どものうちから学べるチャンスを作ってあげたい。

私たちはそう考えました。

もしここ恵庭で、子どもたちが「プログラミングも動画も、基本から体型的に学べる」、そんな場所を作ってあげられたら。

そこで自分の得意を見つけ、学び、それをどんどん自信に繋げていくことができたら。

 

それがDo! Kids Lab動画クリエイターコース開講にいたった思いです。

 

もちろん、動画を勉強したい!というのは子どもだけではありません。

 

私たち大人だって、趣味で作る、家で作る、職場で作る、学校で作る、他にもたくさんの場面で、「動画を作りたい!」と思うこと、ありますよね。

子どもたちだけでなく、大人の皆さんにも、楽しく基本から動画制作を学んでもらいたい。

そしてどんどん自分の夢を叶え、少しでも人生を楽しく過ごしていただきたい。

私たちDo! Kids Labは自信教育のプロ。

プログラミング × 動画クリエイト
    =.  Do! Kids Lab

そんな思いも込めています。 

Q.どんなことをするの?

「動画を作る」といっても、いろいろな動画があります。

かっこいい感じ、可愛い感じ、おしゃれな感じ、暗い感じ、明るい感じ、派手な感じ、抑えめな感じ、YouTuberっぽい感じ、映画っぽい感じ、涼しげな感じ、熱い感じ、優しい感じ、怖い感じ、なんだかすごい感じ・・・

動画を作るときは、まず「見るのは誰か」、「自分はどんな動画を作りたいのか」というところから、考えられるととてもよいです。

はじめはiMovieという、Apple社製の動画作成アプリを使いながら、動画作りの基本を学びます。当然、動画を撮るといっても、ただ適当に撮るだけでは、おもしろさは半減してしまいます。

思い通りの動画を作るためには、「いい素材」となる動画を自分で撮影できるようにならなければなりません。

いい素材になる動画を撮るには例えば

・画角(どういう角度から撮影するか)
・明るさ(暗い時と明るい時、どう違うか)
・何をとるか(人?もの?風景?)
・どう撮るか(カメラは持って歩く?固定する?)
・誰が映るか(自分?他人?)
・台本は必要か?(アドリブでいいの?台本はいるのか?)

いろいろありますね。

考え出すとキリがありませんが、ここで大切なのは「いい動画を作るためには基本からしっかり学ぶことが大切なんだ」ということです。

スマホやタブレットで撮影自体はすぐできるわけですから焦る気持ちももちろんよくわかります。

ですがここはグッとこらえて、「基本からしっかり学ぶ」と言う事を大切にしてみてください。

動画クリエイターコースでは、ごく一部ですが、こういった事を学んでいきます。

A.こんなことをします!

三脚を使った定点撮影や、平行移動しながらの撮影で、CMや映画のようなかっこいい動画を作ろう!

スローモーション撮影で普段見れない「水しぶき」や「火」の世界を切り取ってみよう!

テロップ(字幕)や効果音、BGMをつけて、自分好みのおもしろい動画を演出しよう!特殊効果もつけちゃったり!?

Go Proを使って水中の映像を撮ってみたりしてもおもしろいよ!水槽を用意して、「水の中からの映像」も撮ろう!

最後は頑張ったことをプレゼン!

授業の最後は、頑張ったことをプレゼンします。

作っている途中だって、全然できていなくたってOK!

「すごい発表をする」が目的ではなく、「今日自分はこんなに成長できた!こんなにできた!」と、自分に自信を持てるようにしていくのがこの発表=プレゼンの意味です。

はじめはうまく発表できなくたってOK!少しずつ、発表になれていきます。

この、「最後にプレゼンを行う」というのは、動画クリエイターコース、プログラミングコース共通です。
(写真はプログラミングコースのものです)

1. 来校&あいさつ

あいさつは遊びと授業のスイッチ!

あいさつが苦手でも、必ずみんなで行います。
ただ「挨拶しなさい」ではなく、「なぜ挨拶をするのか」から教えます。

コーチもみんなも元気によろしくお願いします!!

2. テキスト&動画で学習

まずは個別授業から。

ひとりひとり今日やる内容が違うため、学年も進捗もみんなバラバラです。周りを気にすることがないため、自分のペースで進めることができます。

テキストは対話式になっていて、コーチと一緒に考えたり、答え合わせをしながらひとつずつ考え、確認していきます。

3. オリジナル作品作成

今日やることが終わったら、学んだことを生かしてオリジナル作品を作ります。

小さなストーリーでもなんでもOK!想像力を生かして好きな作品を作ります。授業が進んでいくとできることも増えていくので、動画を作る前に企画書を書いて、わかりやすく説明できる練習もしていきます。ここではみんなと楽しく作ります。

友達とアイデアを出し合ったり、苦手な部分を教えてあげたり、お互いに協力しながら、オリジナルの動画作品を作っていきます。

4. みんなでプレゼンテーション(発表)

最後は作品の発表会!

今日どんなことを学んだのか、どんなことを頑張ったのか、見てほしいポイント、誰に知ってほしいかなどを発表します。

はじめは緊張するかもしれません。しかし回数を重ねるごとに、「前を向いて話せるようになる」、「笑顔で発表できるようになる」など、少しずつ発表というものに慣れていきます。

発表もプロジェクターを使って投影する本格的なもの。

” iPadで自分のオリジナル動画作品を作成し、プロジェクターに投影しながら差し棒を使ってプレゼン、デモンストレーションまで行い、コーチからフィードバックをもらう “という、他の習い事では考えられない大人顔負けの経験を積むことができます。

Q.どんな人が教えるの?

おっきーコーチ

恵庭在住、子ども大好き、ドローン大好き、おもしろいこと大好きなYouTuberおじさんのおっきーさんです。すぐに泣いてしまう熱い心と、優しすぎるくらい優しい心を持った純朴な少年のようなおじさんです。少年のようなおじさんなのに実はプロの動画クリエイターという、愉快で頼もしい彼なら動画コースを任せられると信じ、コーチをお願いしています。
(子ども、大人、どちらもおっきーコーチが入ります)

おっきーさん作品

おっきーさんの作品例です。ドローンを使った映像が多いですね!
(めちゃくちゃうまい・・・!)

ここにはない、テイストの違う動画なんかもいろいろ作っています。おもしろいこと大好きなので、シュールな動画も・・・(笑)

一緒に釣りに行っても気がついたらニヤニヤ私たちを撮影していたりする、とっても陽気な根っからの動画オタクです(笑)

キレイなPV風

お仕事柄、農家さんともとっても仲良しなおっきーさん。畑の動画が多いです。ドローンの平行移動や画角、色合いの調整、BGMと音ぴったり、「へ〜こうなってるんだ!」と、引きこまれるような作り込みなどなど、お見事!

Vlog風

GoProやスローモーションをうまく活用して、Vlogっぽく動画を作っています。短いですが、臨場感もあり上手にまとまっていますね。自然の風景と被写体とのバランス、スピード調整、遠近感なども上手ですね〜!

ショート風

こんなのもテンポが良くていいですね!自分を写すには、他の誰かに撮ってもらうほか、カメラを定点にして何回も同じところを通って撮影する、という方法があります。

これはまさに何度も自分で撮影しています。

いつか自分もこんな動画を作れるようになるかも…!!
ぜひ楽しみにしていてくださいね。

でもまだ不安がある...という方へ

いかがでしょうか?「動画作成を習う」というのを、なんとなくでもイメージが湧いていただきましたでしょうか?

 

しかし「動画クリエイター」という習い事はまだまだ聞き慣れない、新しいものです。

なんとなーく、どんなことをするのか、どういうものが作れるようになるのかイメージは湧いたけど、まだまだ不安なことはあるよ、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで思いつく限り、ご不安と思われることについてQ&Aを作ってみました。もしここでも解消できていなかったらDo! Kids Lab鷲尾までいつでもご相談ください。

  

創造力や企画力、自分への自信が身に付きます。「自信がつくこと」を1番に考えるDo! Kids Labでは、動画を学ぶということのほかに、「今日自分はどんなことを頑張れたのか」を発表するプレゼンの機会を設けています。創造力や企画力はもちろん、プレゼンの機会を設けますので「自分の作品が認めてもらえた、自分はすごいんだ」とぐんぐん自分に自信がついていきます。「動画を作ることができる」というスキルはこれからの社会で重宝される要素ですが、それ以前に「自分はみんなが楽しめるような動画が作れるんだ!」と自分に自信をもち、堂々となんでも前に進めていく力がついていきます。

確かに、子どもたちは動画を作るという行動を明確に「勉強している」とは区切らないかもしれません。しかし、実はそれがとっても大切な勉強になっていて、私たちコーチもまるで遊んでいる時のような楽しさを一緒に共有しながら、でも学びとしてのストップアンドゴーもしっかりと行いながら、伸び伸びとメリハリをつけて学んでいけるよう環境を整えてあげたいと考えています。

そのあたり、心配ですよね。私たちは、「動画を作る」ということのほかに、「撮ってはいけないもの、撮る前に確認しなければいけないこと、著作権、肖像権」など、動画作りの前に知っておかなければいけないルールの教育も行なっていきます。しかし、子どもたちもおうちに帰れば被写体の山でしょうから、いろいろ撮りたくなってしまうでしょう。私たちだけでなく、ご家族の方も一緒に「こういうのは撮ってはいけないんだよ」「これ撮ってみたらどう?」とコミュニケーションをとりながら動画に関するリテラシー(教養)を身につけさせてあげたいと考えています。

基本的には自分のご家族に見せるもの以外は顔が映らないように配慮しています。テキストの都合上、自分が映る場合も多々ありますが、YouTubeやSNSで公開しない限りは誰かに見られるということはございませんので、ご安心ください。

当然、お子様だけでなくご家族の 顔に関しても同じように考えています。

当コースで「YouTubeを始めさせる」という教育は行いませんのでご安心ください。また、学校によっては「小学生の間はYouTubeをやったり、映ったりするのは禁止」としている学校もあります。ただ、保護者の方の判断で「うちの子にYouTubeをやらせたい」という場合は、私たちが関与するべきことではございませんので、判断は保護者様、各ご家庭に委ねております。あくまでも、私たちの方で「自分でYouTubeをはじめよう!」などのような、「ひとりでYouTubeを始めさせるような教育」は行いませんのでご安心ください。ご家庭でも、YouTubeをはじめてもいい・はじめてはだめといったルールがあるかと思いますので、そちらを最優先いただければと思います。大切なのは、一方的にだめだ、ではなくて、「なぜだめなのか、なぜいいのか」の「なぜならば」を子ども自身にもしっかりと理解してもらい、「子どもだから」ではなく「正当な理由があってダメなんだな」と子ども自身が納得できるよう伝えていくことであると考えています。

 こちらも上記に似た回答になりますが、私たちは、「動画を作る」ということのほかに、「撮ってはいけないもの、撮る前に確認しなければいけないこと、著作権、肖像権」など、動画作りの前に知っておかなければいけないルールの教育も行なっていきます。テキストの中には「おうちで撮ってこよう!」のような課題が発生する可能性がございます。そう言った場合、例えば保護者さんが自然に動画の中で子どもの名前を呼んでしまったり、仕事の話をしてしまったり、など起きうる可能性がございますので、ご家族のご協力が必要な場面もあろうかと思います。その際は、何卒授業の趣旨をご理解いただき、ご協力いただけますと幸いです。

これはなんともいえません。ただ、よりより動画を作ることができれば、再生数を伸ばすことができるかもしれません。再生数を伸ばすには動画の良し悪しだけでなく、「どうやって多くの人に見てもらうか」という別の視点も重要になってきます。このコースは再生数を伸ばすための授業ではございませんが、動画を作っていくにあたり、大きなヒントになることは間違いないと自信を持っています。

続けられなくなってしまう原因はいろいろなものがあると思います。私たちの伝え方がわかりにくい、笑顔が足りない、モチベーションを維持できない、などです。私たちは少しでも楽しく、自分に自信が持てるような授業になるよう心がけていますが、もし「もっとこうしてほしい」「こんなことがあったらもっと嬉しい」などありましたら、喜んでお聞きします。子どもたちをはじめ、私たちコーチ、そしてご家族の皆様も巻き込みながら、みんなでよりよい授業を作っていければと考えています。

授業は基本的にiPadで行います。もしご自宅でiPadをお持ちでしたら、操作感はその延長線上ですので特に心配ございません。もしこのコースではじめてiPadに触る、という場合でも、iPadや使用するアプリはとてもわかりやすく作られていますので、端末の操作という意味では問題ないと考えています。アプリの操作、という意味で言うと、テキストは自分のペースで進めていくことができますので、周りのペースに合わせる必要がありません。ひとつずつ、ゆっくり進めていけば大丈夫です。

対象年齢は小学校4年生〜大人まで、としております。1コマ目〜3コマ目は小学生+中学生、4コマ目は高校生以上と分けています。また、本コースは「動画超初心者の方」を想定しています。そのため、今現在、バリバリに動画を作っているという方にとっては、はじめのうちは少し物足りないかもしれません。どんどん出来ることが増えていきますが、当校では本当に基本のキから学んでいけるものとお考えください。

明確なゴールは、私たちが定めるものではないと考えています。YouTuberになるのがゴール!という方もいれば、家族の思い出を動画で残せるようにしたいという方もいるでしょうし、ただ動画を作るのが楽しい!という方もいらっしゃるでしょう。自分で思い描く理想の動画を作れるように、当コースを活用いただけると嬉しいです。子どもたちにとっては、全ては新しいことです。もしかしたら、この体験を通じて「将来はカメラマンになりたい!」とか、「こんな仕事がしたい!」なんて夢を見つけてくれたらとっても嬉しいですし、その夢を叶えるのが明確なゴールかもしれませんね。

動画を作り、プレゼンを行うことによって例えば「必ず算数の点数を上げます」というようなことは言えません。しかし、想像力をはたらかせて動画を作っていく過程で、「こうしたらおもしろいんじゃないか」「こんな言葉を入れてみたい」「こういう動画を作ってみたい」など、自分で考え企画し、想像通りのものを作っていくという経験は、なにものにも変え難いものと考えています。点数に直接結びつくとは言えないものの、想像力や自信を身につけることで例えば「算数苦手だったけど意外と自分できるんだな!」だったり、「自分なら勉強頑張ればいい点数とれそう!」と、自信を持って日々の生活や学校生活に取り組むことで、いろいろないい変化が起きてくるものと考えています。

上記と似た回答になりますが、私たちは、「動画を作る」ということのほかに、「撮ってはいけないもの、撮る前に確認しなければいけないこと、著作権、肖像権」など、動画作りの前に知っておかなければいけないルールの教育も行なっていきます。テキストの中には「おうちで撮ってこよう!」のような課題が発生する可能性がございます。そう言った場合、例えば兄弟の寝顔を勝手に撮影してきてしまう、アニメの絵をそのまま使ってしまう、など著作権や肖像権の侵害になってしまう可能性もございます。そうならないよう、事前に動画を撮る時のルール教育も行なっていきます。

Do! Kids Labで用意した素材・作品に関しては、権利はDo! Kids Labに帰属します。ただ授業で自分で作った動画や、おうちで撮影してきた素材に関しては、作成者(ご本人)に帰属します。Do! Kids Labの授業内で自分で作った動画は自由にYouTubeや各種SNSに投稿いただいて構いません。

プライベートでYouTubeチャンネルを作らなければいけないということはございませんが、授業の進行上、容量無限の動画の保存場所としてYouTubeに非公開の個人用チャンネルを作成する可能性はございます。これはYouTubeをはじめるためのものではございませんので、ご安心ください。

これはYouTubeで動画を公開したり、SNSに投稿した場合のご不安ですね。どのような状態でも、外部から見えるようにすれば他人から評価を受け、内容が人の気持ちを逆撫でするようなものを作ってしまった場合、炎上する可能性があります。そもそも炎上するような動画や音声を公開してしまうことに問題がありますが、万が一個人の判断で投稿や作成を行い、外部の目が触れるようにしてしまって炎上した場合、それは個人の責任でご対応いただくしかございません。私たちでできることは、ただ遠ざけるのではなく、リスクもきちんと学習し、そうならないようにするにはどうすればいいか考えられるよう、教育していくことです。

自分が一生懸命作った動画をYouTubeなどで公開した後、低評価がついたらそれはたしかに悲しいですね。とってもよくわかります。しかし、どんな動画でも低評価はつくものです。もしYouTubeをはじめることになりましたら、「低評価はつくものだ」と思っていただいたほうが心が楽になるかと思います。逆に自分もどんどん色々な動画にいいね!してあげましょう。たくさんの動画を公開していくと、「どういう動画が高評価が多くて、どういう動画が低評価が多いのか」が見えてきます。いろいろ試してみるのがいいですね。

はじめは誰だって上手にプレゼンなんてできません。プレゼンをする目的は、「すごいプレゼンができるようになること」ではありません。今日1日の中で、「自分はこんなに頑張れたんだ」「自分はこんなことできたのか!」「自分、けっこうすごいじゃん!」と、自己肯定感を高め自分への自信を育てていきます。Do! Kids Labは自信教育のプロ。どんな小さなことでも、発表で噛んでも、緊張して何言っているかわからなくなっても、私たちは必ずいいところを見つけ、褒めちぎります。大切なのは、「自分、すごい!」と自分に自信を持てるようになることだからです。この考え方は、Do! Kids Lab開業時から変わらぬ考えで、プログラミングコースでのプレゼンと全く同じです。

上記と同じ回答ですが、上手にできなくていいのです。緊張したり、うまく話せない、というのはいつか必ずできるようになります。もっと大切なのは、「自分はこんなことできたんだ」ということに自分自身で気がつけるかどうか、です。この気づきのきっかけを作るのがプレゼンの場であり、私たちコーチの役目です。

原則、みんなにやってもらいます。なぜならば、中学生だろうと大学生だろうと、みんな初心者ですし、自信がつくことは全年代で大切なことだからです。意外と、「自分は別にいつでもできるし〜♪」なんて思っている方がいざプレゼンとなった時、うまくいかないもんです。それに、プレゼンが上手な社会人はとても重宝されます。練習の場と思って、むしろどんどんやりましょう!

授業は一斉授業ではなく、個別で進んでいきます。テキストは自分のペースで進めていくことができますので、周りのペースに合わせる必要がありません。ひとつずつ、ゆっくり進めていけば大丈夫です。自分のペースですので、そもそも「授業についていけない」ということが発生しません。わからないことがあれば、いつでもコーチが隣にいますから、どんどん聞いてくださいね。

Do! Kids Labの授業は、月に4回あります(原則第5週はお休みです)。もし急な体調不良や冠婚葬祭などで授業をお休みされた場合、原則当月内ですが授業の振替を行なっています。例えば「月曜日の1コマ目にいつも来ているけど、今週風邪でおやすみした」、などの場合、「同じ月の別のコマに振替」「翌週2コマ連続で授業」など対応可能です。週やコマが変わっても、「合計月4回の授業数を確保できる」とお考えください。

音楽や動画素材などは、著作権フリーのもの、Do! Kids Labが有料で購入・契約しているものなどを使用します。したがって、授業の中で使用する素材に関してはすべて著作権的にOKのもののみ使用しています。ただ、例えばアニメのキャラをそのまま使う、著作権フリーではない音楽をBGMに使う、などは著作権法違反にあたるものが多いです。そうならないよう、事前に著作権や肖像権などについての教育を行い、著作権フリーの素材の入手方法なども教えていく、という方法をとっております。

それは嬉しい半分、困ってしまう半分ですね。保護者が普段使っているスマホを子どもに触らせるのには抵抗があるかと思います。おすすめは、Do! Kids Labの授業で使用しているiPadをネットが繋がっていない状態で与えるか、目の前で時間を決めて触らせるなどが考えられます。ただ「ダメだよ」ではなく、「あなたが触っている間に大事な連絡が来るかもしれないし、間違えて誰かに電話をかけてしまったりしてしまったらその人に対して迷惑がかかってしまうから、もっとしっかり練習をしてスマホのことに詳しくなったら使ってもいいよ、それまではiPadで練習しようね」などの方法が有効です。

上記と似た回答ですが、Do! Kids Labのある無し関係なく、第三者が見える形で公開をすれば不特定多数に見られる可能性が発生します。その際に例えば住所が写っている、誰かの名前を呼んでいる、などがあれば特定される可能性が高まります。身バレしてもいい方は問題ありませんが、そうではない方はそうならないように注意して動画を作成することになります。

Do! Kids Labで伝えていきたい、
動画「以外」のこと

Do! Kids Labは、動画作成、プログラミング、プレゼンテーションという学びを通じて自信教育を行う場です。もちろん動画作成やプログラミングを楽しく学んで欲しいと、心から願っています。しかし私たちDo! Kids Labは、出会っていただいた全ての方とそのご家族に幸せになっていただきたいと考えています。大人の方ももちろんですが、子どもたちには自分に自信を持って欲しい、人間として大きく成長して欲しい、この思いが1番にあります。

例えばあいさつひとつとっても大切です。

誰かが発表している時、話を聞かないで手を動かしていないか、挨拶はきちんと出来るか、嘘はつかないか、人の話を目で聞けているか、思い通りにいかなくてイライラしても自分でコントロールできるか、言葉使いは悪くないか、忘れ物をしたなら「コーチ、えんぴつ忘れたので貸してください」と自分の言葉で言えるか、物を乱暴に扱わないか、自分が汚したなら自分で掃除ができるか、他人に感謝ができるか、相手を思いやれるか、などなど、私たち大人が教えてあげられることは、まだまだたくさんあるのです。

時には私たちのことを厳しく感じることがあるかもしれません。でも思いの根底には、子どもたちをこれから未来社会に出ていく1人の人間として捉え、教えてあげられるだけのことは少しでも多く、私たちだからこそできる方法で、寄り添いながら伝えていってあげたいと思っています。

ご入会に必要なもの

ご不安は、解消できたでしょうか?少しでもわからないことや、ご不安なことがありましたら、いつでもDo! Kids Lab鷲尾(090-6695-6748)までお問い合わせくださいご入会にあたり、必要なものがございます。

動画クリエイターコース
- システム詳細 -

入会金

8,580円(税込)

月 謝

10,780円(税込) / 月

(プログラミングと動画両方を学べるスペシャルコースは2,000円引きの19,360円となります)

※振替対応は原則当月内での解消となります。なお、第4週に発生したものは翌月解消でも可能です。解消できなかった部分につきましては返金できかねますので、予めご了承ください。

お支払方法

現金 / お振込み / クレジットカード / 口座振替

※クレジットカード(Visa・JCB・Mastercard・AMERICAN EXPRESS・DinersClubがご利用いただけます)
※お振込みの際の手数料はDo! Kids Labで負担いたします。

授業システム

月4回授業 / 1コマ80分 / 月・火・木・金曜日


タイムテーブル


< 午前中コース >
(火曜日のみ開講)
1コマ目 9:00 ~ 10:00
2コマ目 10:15 ~ 11:15
3コマ目 11:30 ~ 12:30


< ジュニアコース >
小学4年生〜中学3年生
(月・火・木・金曜日開講)
1コマ目 16:15 ~ 17:35

2コマ目 17:45 ~ 19:05
3コマ目 19:15 ~ 20:35
※金曜日のみ2コマ目までとなります


< 夜コース >
高校生以上の方
(月・火・木開講)
1コマ目 21:00 ~ 22:00


※授業は中島校で行います。
※コマ数に変更がある場合がございます。
※初めにご希望の曜日コマをお決めいただき、原則同じ曜日コマでお越しいただきます。

※ママコース、夜コースは60分となります。
※原則第5週はおやすみとなりますが、祝日を挟む場合は第4週と第5週が入れ替わる場合がございます)
※大変申し訳ございませんが、小学校4年生からのご入会とさせていただいております。あらかじめご了承ください。

使用端末

iPad

授業ではiPadに標準でインストールされている「iMovie」というアプリを使用して動画制作を進めていきます。
(レベルアップしていくと別のアプリになっていきますが、こちらもiPadです)

お持ちのiPadが対応しているかどうか、以下の表をご覧いただき、ご確認ください。

なお、対応機種とその確認方法は以下の通りです。(ここに記載のないiPad miniなどでも授業が可能な場合がありますので、一度ご相談ください)

— 対応機種 —

2020  iPad Pro 11 インチ(第2世代)
           iPad Pro 12.9 インチ(第4世代)
2019  iPad Air(第3世代)iPad(第7世代)
2018  iPad Pro 11 インチ
     iPad Pro 12.9 インチ
   (第3世代)iPad(第6世代)
2017  iPad Pro 10.5 インチ
           i
Pad Pro 12.9 イン
          (第2世代)iPad(5 世代)
2016    iPad Pro 9.7 インチ
2015    iPad Pro 12.9 インチ
2014    iPad Air 2

— 機種の確認方法 —

【 一般 】から【 情報 】をタップすることで、 【 情報 】画面から使用している iPad の “機種名”を確認することができます。

ドコモやau、ソフトバンクなどで回線契約をして使用している iPadもご利用いただけます。また、インターネットへの接続には教室のWi-Fiを使用しますので、Wi-Fiモデルでも問題ありません。

もしご入会と同時にiPadを購入したいという場合は、お気軽にご相談ください。

割引制度

ペア割 – お友達と一緒にご入会いただくと入会者全員入会金半額!!

紹介割 – 紹介されたご新規様は入会金半額!!
ご紹介者様にはAmazon2000円分 / JCBギフト券2000円分 / 図書カード2,000円分のいずれかひとつをプレゼント!!

家族割 – ご家族の方がご入会される場合、入会金半額 + ご家族様(ご新規様)は毎月授業料1,000円OFF!!

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

Do! Kids Labでは、完全個別授業体験を開催しています。どんな小さなご不安でもご相談ください。

授業体験では、実際にカメラを使って動画を撮ったり、簡単な編集なども楽しくご体験いただけます。ご家族みんなでお越しください。

お楽しみに!

無料授業体験で不安を解消しましょう!

完全予約制となっております。お電話、もしくは以下の当ホームページからご予約ください。
体験可能年齢:小学4年生~ (中学生、高校生、学生、大人OK!) ※体験内容は全回同じです。
金額:0円
持ち物:なし(あればiPad)
所要時間:約1時間半

PAGE TOP